【コロナ禍の新常識?】好きなときに自宅から内覧できる「VR住宅展示場」の歩き方

夢のマイホーム、それも新築一戸建てを立てたいと考えている人であれば「まずは住宅展示場に行ってみよう」と考える人が多いのではないでしょうか。コロナ禍で不要不急の外出を控える必要がある今、「非接触型」の住宅展示場に注目が集まっています。そこで、MY HOME MARKETが提供するVRで規格住宅を内覧・検討することができるサービス「VRタウン(https://myhomemarket.jp/town/)」を使って家を購入する方法をご紹介します。

VRの住宅内覧を利用するメリット・デメリット

メリット デメリット
自分のペースでマイホームを検討できる 住宅展示場のように、営業マンとの会話で自分のこだわりを再認識することが難しい
営業マンとのコミュニケーションを円滑に進める準備につながる 現場見学会のように、ハウスメーカーのスタッフの対応など人の雰囲気がわからない
複数の住宅を短時間で内覧できる 内覧会のように、五感でリアルな生活をイメージすることが難しい
新型コロナウイルス対策になる
VRの住宅内覧を利用するメリット・デメリット

通常の住宅展示場とVR住宅展示場では、内覧をするにあたりどのような違いがあるのでしょうか。住生活ジャーナリストの田中直輝さんが思う、VRの住宅内覧を利用するメリット・デメリットは上記の表の通りです。住宅展示場まで足を運ばなくても、好きな時間に何度でも「内覧」ができるので、家族と納得がいくまで話し合いながらマイホームのイメージを膨らませることができます。いくつもの住宅をはしごしても、VR上であれば足が棒のようになることはありません。家の中で完結するため、非接触で見学ができることも大きなメリットです。

VR住宅内覧で効率よくマイホーム計画を進める方法の詳細はこちらをご覧ください。

VRタウンの歩き方

「VRタウン(https://myhomemarket.jp/town/)」では、高精細なCGによるバーチャルリアリティ(VR)技術により、仮想空間で様々なハウスメーカーが展開する規格住宅の間取りを体感し、セミオーダー型規格住宅の購入検討ができます。

気になるハウスメーカー・商品を選ぶ

まずは、お持ちのスマートフォンやタブレット、PCから、MY HOME MARKET内の「VRタウン(https://myhomemarket.jp/town/)」に入ってみましょう。気になるハウスメーカー、もしくは商品を見つけたら、クリックしてみてください。

VR住宅展示場VRタウン

VR住宅展示場を内覧する

早速、家の中を歩き回ってみましょう。青の二重丸をクリックすると移動ができます。

株式会社ウィザースホーム Prust Vintage

VRゴーグルがなくても利用は可能ですが、スマートフォンをVRゴーグルにセットすれば、まるで自分がその場所にいるような感覚を体験することができます。カーソルを動かすだけで、360度あらゆる角度で、上下・左右と視点を変えながら見学することができます。指で拡大をすれば、ズームも思いのままです。

VR住宅Prust Vintage リビング

自分が今、どこにいるのか知りたくなったら、右下の右から3番目のアイコンをクリックしてみましょう。間取り図のどこにいるのかが分かります。

VR住宅の歩き方―現在位置

iのマークをクリックすると、設備の詳細を確認できます。

VR住宅展示場 設備詳細の見方

現地に足を運ばなくても、好きな時間に何度でも、好きなだけ見学をすることが可能です。

オプションをチェックしてセルフ見積もりへ

VR住宅展示場-価格シミュレーション

気になる家を見つけたら、右下の黄色いバナー「価格シミュレーション」をクリックしましょう。外壁やキッチン、洗面台、トイレ、バスルームなど、いくつかの選択肢から好みのものを選択します。選択肢を選ぶ度、下部に表示される「本体とアイテムの総額」が変わりますので、予算に合わせて仕様を決めましょう。「シミュレーション結果を見る」というボタンをクリックすると、建物価格の目安を確認できます。シミュレーション結果をシェアする機能も搭載されていますので、一緒に検討したい家族などと情報を共有しやすく、スムーズに話し合いができます。

家探し前クイック事前審査で購入可能額も確認

VR住宅展示場-家探し前クイック事前審査

見積もり結果が出たら「その家を買うことができるのか」気になるのではないでしょうか。アルヒ株式会社が提供するサービス「家探し前クイック事前審査https://myhomemarket.jp/aruhi」を利用すれば、土地代を含めた借入可能額が短い時間で判明するので、気になる家を無理なく購入できるのか判断できます。

「家探し前クイック事前審査」を利用した家づくりの進め方はこちらの記事をご覧ください。

「家探し前クイック事前審査」の詳細はこちらをご覧ください。

住宅ローンの借り入れの目途がつき、どの家を建てたいか決まったら「資料請求」もしくは「来店予約」に進みましょう。

「VR住宅展示場」を見学し、家を建てた人の声を紹介

土屋ホームLIZNAS住宅購入体験談

土屋ホーム「LIZNAS」を購入したAさんご夫婦は当初、建売住宅を検討していましたが、MY HOME MARKETの規格住宅を知り「リーズナブルなのに安っぽくない、洗練されたデザインが魅力」と感じたそうです。高精細な360度VRであらゆる角度からイメージを確認し、購入を決意しました。実際に完成した家はVRで見ていたイメージとほぼ同じで、吹き抜けのあるリビングの広々とした開放感も思い描いていた通りだったそうです。

上記の住宅購入体験談はこちらの記事をご覧ください。

土屋ホームLIZNAS住宅購入体験談

同じく、土屋ホーム「LIZNAS」を購入したBさんご夫婦は、ハウスメーカーのイベントで、MY HOME MARKETのVRを見て興味を持ったとのこと。新築一戸建ては手が届かないと思っていましたが、規格住宅なら抑えた金額で家づくりができると感じたそうです。間取りの最終決定や壁紙の選定では、VR機能を何度も利用しながら、イメージを膨らませたとのこと。VR通りの家が完成し、快適な毎日を送っているそうです。

上記の住宅購入体験談はこちらの記事をご覧ください。

株式会社ウィザースホーム Prust 住宅購入体験談

株式会社ウィザースホームの注文住宅ブランド「ウィザースホーム」によるウェブ限定規格住宅商品「Prust(プラスト)」を購入されたSさんご夫婦は、家を売却するか建て替えるか悩んでいましたが、抑えた価格で注文住宅と同等のクオリティの家が建つことに魅力を感じたことから、新築を決意しました。VRで視覚的に完成像を確認できたので、打ち合わせはスムーズ。限られた時間で満足のいく家づくりができたそうです。

上記の住宅購入体験談はこちらの記事をご覧ください。

まずはVRタウンへ!

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、非接触で家づくりができるVR住宅展示場は、マイホームを検討している人にとって注目のツールです。土地を所有している人も、これから購入する人も利用が可能です。まずは「VRタウン(https://myhomemarket.jp/town/)」で、自分たちのライフスタイルに合った一軒を探してみてはいかがでしょうか。