「家相のいい家」にするには?子ども部屋やリビングなどの間取りや建築時期を家相鑑定師が解説

「マイホームを新築するならば、この先ずっと安心して暮らしていけるお家にしたい! 」と考えている方は、家相を意識してみてはいかがでしょう? 家相は現在でも多くの住宅メーカーが取り入れている“学問”だと言われています。そこで、年間1000人以上の方に鑑定をしている「神宮館」の鑑定師・松本象湧さんに、家相の取り入れ方や幸運を引き寄せる間取りのつくり方などを伺いました。

松本象湧のプロフィール
松本 象湧(マツモトショウユウ) プロフィール

神宮館鑑定師・神宮館高島暦著者

九星気学をはじめ易経、姓名学、家相学、印相学、墓相学などを学ぶ。鑑定師として20年あまりにわたり、数々の著名人を含む年間1,000人以上の鑑定を行い、悩みを解決している。近年は国際易学連合会の栄誉理事の称号を持ち、易学を通して文化交流にも努めている。
主な著書は『運を引き寄せる わかりやすい家相と間取り』、『運を引き寄せる わかりやすい姓名判断と名前の付け方』(神宮館)などがある。
松本象湧先生の鑑定のお問い合わせは、株式会社神宮館鑑定部 TEL03-3831-1638まで。

神宮館鑑定師の松本象湧です。私は神宮館に所属する前は住宅メーカーに勤めており、その当時から家相を含めた家づくりのアドバイスをしてきました。「家相に興味はあるがよくわからない」という方はもちろん、「迷信なのであまり信用できない」という方にも家相を理解していただけるように、わかりやすく解説したいと思います。

「家相」は安全に暮らすために発達した学問

「家相」は安全に暮らすために発達した学問

古くより人間には“家を守り、安全に暮らす”という考えが根付いていました。そこへ中国から伝えられた、自然エネルギー“気”が流れる地脈をもとに運気を読み取る風水の思想、方位ごとの吉凶を見る九星気学の「象意」という考え方を取り入れ、発達したのが家相です。現在の家相は家を建てるのに適した土地を選び、間取りや方位から運気を読み取って、より安全に自分の身を守れるようにと先人たちが知恵を絞って進化させてきた学問だと言えるでしょう。

松本流「家相」とは?

人間が生きていくうえで家と土地は、絶対に必要なものです。安全な土地を選び、安心できる家をつくるというのが家相の基本だと考えています。さらに私の場合、家相を考慮しつつ、現在のコミュニケーション学や心理学、防犯など、より現実的な視点を取り入れてマイホーム計画を提案するようにしていますね。風通しが良く配置された間取りは、家相上でも建築上でも住みやすい良い家となります。ただし、家相にこだわりすぎてしまうと、住むのに不便が出てしまうこともあるので、バランス良く家相を取り入れることが大切です。

家族が幸せに暮らせる間取りをつくるにはリビング・ダイニングの位置が重要

マイホームを建築する際に家相を取り入れる場合、まずは自分や家族が暮らしやすい間取りを考えるということが大前提です。「4人家族なので、リビング以外の部屋が4つ欲しい」や「夫婦は同室で良い」など家族みんなで意見を出し合って、納得のいく間取りを考えましょう。そのうえで家相を意識してみると、マイホーム計画がうまく進むと思います。

リビングは東南・南で家庭円満

リビングは東南・南で家庭円満
©『運を引き寄せる わかりやすい家相と間取り』(神宮館)

家族の運気を上げるには、みんなが集まる場所、リビングやダイニングをどの方位に置くかが重要です。九星気学では、「東南」「南」の方位が“家族が円満になる相”と言われているので、間取り的に位置を調整しやすいリビングは東南か南に設置しましょう。さらに大きな窓を設置して自然の光をとりこみやすくしたり、風通しを良くしたりすることで、良い気が入り込み運気もアップします。明るい部屋に家族が集まって楽しく話し合えるような環境をつくると家族の精神面も良くなりますよ。

また、玄関から子ども部屋に行くとき、必ずリビングを通るような間取りにするのも、家庭円満につながる工夫のひとつ。子どもが学校から帰ってきたときなど、親子で顔を合わせることができ、コミュニケーションの機会も増えます。コミュニケーション不足で子どものSOSに気付けない……というケースを避けるためにも、取り入れることを検討してみてください。

リビングはどの方位に位置しても凶相にはなりませんが、できれば北・東北・西・西南は避けたほうが良いでしょう。この方位だと、日差しが入りにくく、悪い気が溜まりやすくなるので、家庭運が下がると言われています。

家相を取り入れた子ども部屋のつくり方! 運気が上がる方位と間取りとは?

子ども部屋は北に設置して学業運アップ!

子ども部屋は北に設置して学業運アップ!
©『運を引き寄せる わかりやすい家相と間取り』(神宮館)

子ども部屋は「頭寒足熱」になる方位を意識すると良いですね。医学では、頭を冷やして足を暖めることでよく眠れるようになると言われていますが、九星気学でも太陽が当たらなくて寒いという象意がある「北」の方位に頭を置くべきだと考えられています。そのため、北から東北までの方位に子ども部屋を設置すると、良質な睡眠を呼び込み、勉強や稽古事などに対する集中力も増し、学業運アップにつながります。

ほかの方位に子ども部屋があって、移動させることが難しい場合は、部屋の中の『学習机』を北の方位に置くと良いでしょう。集中力がアップし、落ち着いて勉強に取り組めるようになると言われています。ほかにも『ベッド』を北の方位にして、北枕になるよう置くと、健康運を呼び寄せる配置に。北枕は縁起が悪いと思われていますが、風水的には開運アクションになります。

子ども部屋は複数の窓を設置して気の流れを多くする

子ども部屋は複数の窓を設置して気の流れを多くする

子ども部屋には窓をふたつ以上付けて、風通しを良くすることを勧めています。これは家相に取り入れられた風水の考え方で、風、つまり自然エネルギーである“気”の流れを良くすることは、運気アップにつながるとされているからです。適度な換気は快適に暮らすためにも必要な要素なので、理にかなっていると言えるでしょう。

長男は東・長女は東南の部屋で運気アップ

基本的に子ども部屋は北の方位に設置しますが、成長して成人になる頃には別の方位にするのも良いですね。例えば、長男は「東」の方位に部屋があると良いでしょう。東は朝1番に太陽が昇る方位で、長男が東からの朝日を浴びると、自分の道を切り開くために必要な行動力が上がり、商運をもたらすとされています。

長女の場合は、「東南」の方位に部屋をつくるのが吉。家相の世界では昔から「長女には東南の風を当てろ」と言われており、良縁がやってきて結婚運が上がると言われています。

これから一戸建てを建てる方への開運アドバイス

福の神を招き入れる空き部屋をつくる

これからマイホームを建てようと思っている方は、可能であれば“空間の間”をつくって欲しいですね。空き部屋をつくることで、そこに福の神を招き入れるという考えが家相にはあるからです。ここでいう福の神とは“人間”のことでもあり、来客した人が宿泊できるスペースがあると、交友関係が広がったり、対人運が上がったりすることが期待できます。

また、人が泊まりに来ると掃除をするので、お家から汚れやほこりなどが取り除かれ、悪い気が無くなり、良い気に満ち溢れるので、運気アップにつながります。将来に備えた子ども部屋や納戸は、空間の間には含まれないので、これらとは別に空き部屋をつくることを検討してみてください。

家相と同じくらい建築時期も重要

神宮館の年齢早見表
©『令和四年 神宮館高島暦』(神宮館)

お家を建てるときに家相と同じくらい重要なのが建築時期で、その時期を決めるには九星気学を用いて、世帯主の生まれた年から本命星を割り出します。世帯主の本命星が「東、東南、南、西、西北」の位置に来ている年が建築時期に良いとされていますが、そこに「歳破(さいは)」「暗剣殺(あんけんさつ)」などの悪い運気が位置している年はオススメできません。正確に吉凶を図ろうとすると、世帯主の運勢だけではなく、実際に家を建てる場所など、さまざまな方面から細かく見ていかなければならないので、興味のある方は一度鑑定するのが良いと思います。

幸運を呼ぶマイホーム計画!子ども部屋に適した間取りや建築時期 まとめ

マイホームは一生に一度の大きな買い物です。自分や家族を守ってくれる大事なマイホームは、“安全で幸せに暮らせる家”にしたいですよね。なので、まずは家族が暮らしやすいお家とは何かを考えましょう。そしてできる範囲で家相や風水を取り入れることをオススメします。

家相・地相の基本も合わせてチェック!
「家相」と「風水」の違いとは?神宮館鑑定師が教える幸運を招く家相と地相の基本

子ども部屋づくりでおさえておきたいポイントは?
女性一級建築士が解説する小学校入学準備! 子ども部屋とリビング学習空間のつくり方

風水を取り入れた間取りづくりはコチラ
風水鑑定士が解説! 運気を呼び込む土地の選び方とお家・間取りづくりのポイント