「家相」と「風水」の違いとは?神宮館鑑定師が教える幸運を招く家相と地相の基本

大切なマイホームを建てるときには、土地や予算、間取りに収納……いろいろな要素を踏まえてお家づくりを計画すると思います。その要素のひとつに「家相」を取り入れてみてはいかがでしょう? 「占いなら参考にしない」と思う方がいるかもしれませんが、より良いお家を建てるために家相を取り入れている住宅メーカーは意外と多いようです。そこで、100年以上の歴史を誇る「神宮館」の鑑定師である松本象湧さんに、幸運を招く家相と地相の基本について伺いました。

松本象湧のプロフィール
松本 象湧(マツモトショウユウ) プロフィール

神宮館鑑定師・神宮館高島暦著者

九星気学をはじめ易経、姓名学、家相学、印相学、墓相学などを学ぶ。鑑定師として20年あまりにわたり、数々の著名人を含む年間1,000人以上の鑑定を行い、悩みを解決している。近年は国際易学連合会の栄誉理事の称号を持ち、易学を通して文化交流にも努めている。
主な著書は『運を引き寄せる わかりやすい家相と間取り』、『運を引き寄せる わかりやすい姓名判断と名前の付け方』(神宮館)などがある。
松本象湧先生の鑑定のお問い合わせは、株式会社神宮館鑑定部 TEL03-3831-1638まで。

神宮館鑑定師の松本象湧です。私は神宮館に所属する前は住宅メーカーに勤めており、その当時から家相を含めた家づくりのアドバイスをしてきました。「家相に興味はあるがよくわからない」という方はもちろん、「迷信なのであまり信用できない」という方にも家相を理解していただけるように、わかりやすく解説したいと思います。

そもそも家相って何? 家相の基本的な知識と考え方、風水との違いを解説

家相の基本的な知識と考え方、風水との違いを解説

家相とは、方位や間取りから「吉相」「凶相」という風にお家の吉凶を判断するものです。迷信的な要素が強いと思われていましたが、現在では科学的根拠に関する研究がすすめられ、建築学や住居学などの学問的な要素に基づいています。 “安全で幸せに暮らす”ために古代から人々が試行錯誤するなかで、育まれた学びや外国から伝わった思想が加わり、発展した“学問”が家相であるといえるでしょう。

また、風水とは古代中国の権力者が国家を統治する際に、土地を守り、戦いに勝つために用いられた環境学です。木や水、土地などが持つパワーバランスを考慮して、「気」の流れをコントロールし、良い環境を作るのが目的です。風水では「(げん)()」「朱雀(すざく)」「(せい)(りゅう)」「(びゃっ)()」の四神が東西南北を守る「四神相応」の土地が良いとされています。これは北に山、南に海や河川、東西に丘や小さな山がある土地のことで、奈良時代の都だった平城京や平安時代の平安京はそれぞれ「四神相応」の土地につくられたと言われているのです。

現在の家相は、より良い家づくりを実現するために風水の要素も多く取り入れられています。これも、安全で幸せに暮らすために試行錯誤してきた結果で、実際に多くの住宅メーカーや建築士が家相を用いて家を建てているのです。これから「象意」や「気」についての解説もしますが、迷信だと決めつけずに一種の学問だと捉えていただければ幸いです。

家相における「象意」や「気」とは?

家相には、専門的な独自の用語がいくつか存在します。たとえば「象意」。これは各方位がもつ意味のことです。生年月日で運気を占う「九星術」をもとに学問として発展した「九星気学」の考え方です。

また、良い気や悪い気というように“気”についてもよく言及されますが、これは家相を構成する九星気学や風水にも存在する概念で、人間の力では左右できない“自然のエネルギー”だと考えられています。たとえば、太陽の日差しを浴びてきれいな空気のなかで生活すると健康的になる可能性が高まりますが、日の届かないジメジメした場所で暮らすと健康を害する危険があります。健康や生活に良い影響、悪い影響を与える自然の力が総じて“気”と表現されているわけです。

松本流の家相の取り入れ方

家にとって家相は大切なものですが、家相の条件のみですべてを決めるべきだとは思っていません。私の考える家相の本質は“安全で、家族みんなが幸せに暮らしていけること”だからです。家事動線が不便だったり、家族が顔を合わせにくくなる間取りだったりすると、いくら家相が吉相でもみんなが幸せに過ごせるお家とは言えないでしょう。

なので、私が家相鑑定をおこなう際は、ご家族の希望を考慮した間取り図をつくっていただいてから家相を見ています。さらに、現代の価値観に沿うコミュニケーション学や心理学、防犯の観点も取り入れたうえで“良い家相”になるようアドバイスしていますね。新築一戸建ては決して手軽に購入できるものではありません。予算や土地面積が限られている状況で、少しでも暮らしやすい家にする、そのために無理のない範囲で家相を取り入れることを勧めています。

これからお家を建てる方必見!「地相」のNGポイントとアドバイス

「地相」のNGポイントとアドバイス

マイホームを建てる際は、まず土地を決める必要がありますが、そのときに気をつけたいのが「地相」です。地相とは土地の形状や環境を総合した“土地の相”のことで、家相に含まれる要素のひとつ。運気の上がるお家にするためには、より良い地相の土地に建てたいものですが、予算や立地条件などを考えるとベストな土地を選べないこともあるでしょう。そこで、できるだけ避けたほうが良いNG地相とともに、運気を下げないための対策もご紹介したいと思います。

地相のNGポイント①「三角形の土地」

「地相」のNGポイントとアドバイス

マイホームを建てるときに最も避けたいのは三角形の土地です。三角形の土地は有効活用できるスペースが少ない、家を建築した際にデッドスペースが出やすいという理由がありますが、家相でも「尖っている部分のある土地は凶相」になります。尖った部分から悪い気を発し、近所トラブルや火災などを引き起こしやすいと言われているので、避けた方が良いでしょう。

上から見て丸みを帯びるように花壇やプランターを並べる

どうしても三角形の土地に家を建てなければならない場合、もしくは現在そのような土地に住んでいる方への風水のアドバイスとして、敷地内の余った部分に花や植物などを植えることを勧めています。その際、上から見て“丸み”を帯びるように花壇をつくったりプランターを並べたりすると、尖った部分がなくなるので運気が下がることを防ぐことができます。水やりが大変ならば、樹木を植えても良いでしょう。陰陽(いんよう)五行思想の「(もっ)()土金(どこん)(すい)」を表すものを家や庭に取り入れることは、家相でも運気が上がるとされています。敷地内に土や木(植物)を巡らせることで、地相のマイナスがカバーされるというわけです。

地相のNGポイント②「敷延の土地」(旗竿地)

地相のNGポイント②「敷延の土地」(旗竿地)

敷延(しきえん)の土地も地相的にはあまり良くないとされています。敷延とは、細長い長方形と四角形が組み合わさった形状のこと。旗に似ていることから「旗竿地(はたざおち)」とも呼ばれ、道路から離れたところに家を建てるので人通りが少なく、泥棒に入られやすいと言われます。地相から見ると、この形状の土地に建てられた家は日当たりや風通しが悪くなりがちで、悪い気が溜まりやすく、良い気が入ってこないので運気が下がりやすいというわけです。

現在、敷延の土地に住んでいるという方は、お家の周りに玉砂利を敷くと良いでしょう。神社の参道にもよく敷き詰められている玉砂利は清浄さを保つ意味があり、魔除けにもなると言われています。さらに上を歩くと音が鳴るので、泥棒が立ち入るのを躊躇する効果にも期待できるでしょう。

地相のNGポイント③「コンクリートで固められた土地」

地相のNGポイント③「コンクリートで固められた土地」

地面をコンクリートで固められた土地は、地相では凶相とされています。地面をコンクリートで覆うことで空気が通らなくなり、“土”の気が弱まるからです。土の気は人間に良い影響を与えるとされる「木火土金水」のひとつで、自然エネルギーの象徴。土の気を止めてしまうとお家全体の運気が下がるかもしれません。もしも今住んでいるお家の敷地がコンクリートなら、屋内に観葉植物を置いてやすらぎの空間を演出しつつ、“木”の良い気を取り込んでみましょう。

これからお家を建てる方必見! NG家相とオススメ方位

さまざまな条件と地相を踏まえてマイホームを建てる土地が決まったら、次は間取りです。家族が暮らしやすいことが前提ですが、運気を引き寄せるお家を建てるなら、家相におけるNGポイントはできるだけ避けましょう。ここでは特に避けるべきNG家相と対策をご説明します。

玄関は“東北と西南以外”が吉

玄関は“東北と西南以外”が吉

良くない家相の代表格として、鬼門(表鬼門・裏鬼門)の方角に玄関を配置することがあります。鬼門は方位で言うと東北に位置し、北から東北にかけては寒くてジメジメとした悪い気が入ってくると考えられています。その正反対にあたる裏鬼門の西南も玄関には不向きです。仮に今住んでいるお家の玄関が鬼門の位置にある場合は、南天などの赤い実を付ける植物や赤いインテリアを置くと運気が下がるのを防ぐことができますよ。

家中心部の階段は大凶

家中心部の階段は大凶

家の中央に階段を配置するのもNGです。火災が起きた際、家全体に火が回りやすい構造なので、安全な家づくりという観点からも避けたほうが良いでしょう。家相では家の中心は、その住宅にとって一番の核となる場所なので、そこが階段になっていると良い気がすべて抜けていくと考えられています。また、2階から1階に向かう階段がそのまま玄関に続くのも凶で、外から悪い気を取り込んでしまうと言われています。

現在、家の中心部に階段があるお家に住んでいる方は、玄関から階段部分が見えないようにロールカーテンを設置すると悪い気を遮断することができます。階段の行き来の邪魔にならないところに観葉植物を置くのも良いですね。植物が悪い気を吸って良い気を出すのでオススメです。

トイレの場所には要注意

トイレの場所には要注意

トイレは臭気を放つことなどから悪い気が流れているとされる「不浄の場」なので、配置場所には気を付けましょう。最も避けてほしいのは「正中線」にかかる場所です。正中線とはお家の北と南、東と西を直線で結んだ十字線のことで、その上は特に強い気が発生する場所となります。そこにトイレを配置すると悪い気を強めてしまうおそれがあるということです。対策としては、臭気を吸収する「脱臭剤」を置くか、正中線の位置に「観葉植物」を置いたり「暖簾(のれん)」をかけたりすると良いでしょう。

トイレにはベストな配置というものが実はないのですが、「東南」「東」が比較的良いとされています。日差しが入る明るい環境であれば、良い気が入ってきやすくなるわけですね。また、複数の方位をまたぐように配置する場合は、良いほうの象意が優先されると考えてOK。つまり、トイレの一部分が東南や東にかかっていれば良いわけですね。これはすべての部屋に該当することなので、それを踏まえて間取りを考えるのも良いでしょう。

「家相」と「風水」の違いとは? 神宮館鑑定師が教える幸運を招く家相と地相の基本 まとめ

居住の歴史は洞窟から始まり、現代の快適な住宅にいたるまで、人は長い年月のなかで“より安全で幸せに暮らせる家”を求めて住まいを進化させてきました。そのなかで日本の家相という考え方もまた、自分たちの生活と学び、そして海の向こうの大陸から取り入れた新しい思想により、学問として発展したのだと思います。これから新築一戸建てを建てる方は、ぜひ家相も無理のない範囲で参考にしていただき、家族が長く幸せに暮らせる家づくりをしてほしいですね。

土地を購入する前にチェックしておきたい方角のメリット・デメリット
日当たりの良い方角は生活しやすい?マイホームの土地購入時に考えたい方角ごとの特徴を解説

風水との違いをおさらい
風水鑑定士が解説! 運気を呼び込む土地の選び方とお家・間取りづくりのポイント

風水鑑定士によるVR内覧はこちらをチェック
風水鑑定士がマイホームマーケットの規格住宅をVR内覧!各住宅の開運ポイントを解説