日当たりの良い方角は生活しやすい?マイホームの土地購入時に考えたい方角ごとの特徴を解説

土地購入時や新築一戸建てを建てる際に必ず直面するのが「どの方角の土地を購入するか」「どこにどんな部屋を配置する間取りにするか」といった問題です。一般的には日当たりが良い南向きが人気ですが、どの方角にもメリットとデメリットがあります。東西南北それぞれの方角の特徴を見ていきましょう。

方角と前面道路の関係とは?

土地の方角と道路の関係

土地購入時に「方角」と言えば、前面道路がある方位を指します。日当たりが良い南道路に面した土地や角地は人気があり、坪単価が高めに設定されていることが多いでしょう。北道路に面した土地はやや割安な傾向で、奥まった場所にあり細い通路により道路と接する「旗竿地」はさらに安くなります。
ただし、南道路に面していれば日当たりが良いとは限らず、隣に高い建物があれば太陽の光が遮られてしまいます。現時点で高い建物がなくても、将来的に周辺環境が変わり、日当たりが悪くなる可能性もあります。狭小地の場合は、せっかく南道路沿いの土地を購入しても、駐車場に車を停めると南に面した窓が車で隠れてしまうといった事態も起こりえます。また、窓を大きくするほど日当たりは良好になりますが、道路を行き来する人々や近隣の住民から家の中が丸見えになってしまうという問題があり、設計や間取りの工夫が必要です。

日中日当たりがよい「南向き」

南向きのメリット・デメリット

メリット デメリット
・夏は部屋の奥まで直射日光が入りにくい
・冬は部屋の奥まで太陽の光が入り、明るく暖かい
・湿気がこもりにくく、洗濯物が良く乾く
・購入価格や家賃が高めの傾向
・夏は室温が上がりやすい
・太陽光が直接当たる場合があり、床や家具、蔵書など部屋の中の物が日焼けしやすい

「南向き」の土地や建物は日当たりの良いイメージが強く、根強い人気があります。「買うなら南向き」と考えている方も多いのではないでしょうか。
夏は太陽が高い位置にあり、南向きの窓に対してほぼ真上からの日射となるので、暑い夏に部屋の奥まで直射日光が入りにくい環境と言えます。一方、冬になると太陽の位置が低くなります。そのため、冬は太陽の光が部屋の奥まで入り、明るく暖かな中で過ごせます。季節を問わず日照時間が長いので湿気がこもりにくく、洗濯物が良く乾くことも特徴です。

デメリットは、人気があるので土地の購入価格や家賃が高めに設定されやすいことが挙げられます。また、日当たりが良いために室温が上がりやすく、床や家具、蔵書など部屋の中の物が日焼けしやすいことにも注意が必要です。

リビング・ダイニングを南向きに作ることが多いですが、窓を大きくするほどに暑さや日差しの眩しさが気になりがちです。また、道路に面している場合、プライバシーへの配慮も必要です。遮光性があるカーテンやブラインドの設置や、スリット窓や腰高窓、すりガラス窓などを取り入れることで住み心地を高めましょう。

朝日とともに爽やかに目覚めたいなら「東向き」

東向きのメリット・デメリット

メリット デメリット
・午前中の日当たりが良く、朝日を感じながら起床できる
・最も暑くなる午後の時間帯に直射日光が入りにくい
・南向きと比べて購入価格や家賃が低め
・午後は日が当たりにくくなる
・他の方角と比べて早く日が陰る
・暗くなる時間が早い

太陽は東から出て西に沈みます。「東向き」は午前中の日当たりが良いので、朝日を感じながら起床をするにも、洗濯物を干すにも最適です。午後は直射日光が入りにくいので、夏に暑くなり過ぎず、快適に過ごしやすいでしょう。南向きの次に人気があると言われる東向きですが、土地の購入価格や家賃は南向きと比べてやや抑えめな傾向にあることも魅力です。

デメリットとして、午後は日が当たりにくくなることが挙げられます。午前中はよく乾いていた洗濯物が、午後になると直射日光が当たらずなかなか乾かないかもしれません。また、他の方角よりも早く日が陰ります。特に冬は暗くなる時間が早いので、照明を必要とする時間が長くなります。

朝日を浴びながらすっきりと目覚めたい人は、東向きの寝室を設けると良いでしょう。朝の光は体内時計をリセットする効果があると言われ、早起きをすることで夜に自然と眠くなり、寝付きが安定します。ただし「朝日が眩しすぎて予定より早い時間に目を覚ましてしまう」という方もいますので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。
また、「家族が揃うのは朝だけ」という家庭でしたら、朝日を感じながら朝食を取れるよう、東側にリビング・ダイニングを設けるのも手です。通勤・通学前に家族と過ごす大切な時間を、気持ちよく共有することができそうです。

夕焼け空を眺めるなら「西向き」

西向きのメリット・デメリット

メリット デメリット
・夕日や夕焼け空を楽しめる
・冬の午後は部屋が暖まりやすく、快適に過ごしやすい
・夕方の比較的遅い時間帯まで、部屋が明るい状態で過ごせる
・朝の時間帯は光が入りにくく、冬は寒さや薄暗さを感じる
・西日が眩しく、特に夏は部屋が暑くなる
・西日により、床や家具、蔵書など部屋の中の物が日焼けしやすい

東向きと正反対の特徴を持つ「西向き」。天気が良ければ、日が落ちる前に美しい夕日と夕焼け空を眺めることができます。午後から日没にかけて日が入るので、冬は部屋が暖まりやすく、快適に過ごしやすいでしょう。季節によりますが、夕方の比較的遅い時間帯まで部屋が明るい状態で過ごせることもポイントです。

デメリットとして、朝の時間帯は日の光が入りにくく、冬は寒さや薄暗さを感じやすいことが挙げられます。また、午後になると強い西日が差し込むので、夏は部屋が暑くなりがちです。西日により部屋の中にあるものが日焼けしやすいことにも注意が必要です。

西向きと言えば「西日がキツイ」という印象が強いと思いますが、窓の位置やサイズ、断熱性能などにより部屋の快適性が大きく変わります。遮光カーテンなども活用しながら、西向きでも気持ちよく過ごせる空間作りができるように工夫しましょう。

逆光にならず景色がきれいに見える「北向き」

北向きのメリット・デメリット

メリット デメリット
・室温が上がりにくく、夏は涼しい
・直射日光が入りにくく、フローリングの床や家具、蔵書といった日焼けしやすいものを守りやすい
・窓からの眺望を楽しみやすい
・他の方角の部屋と比べて室温が上がりにくく、冬は寒い
・湿気がこもりやすく、カビや結露などに注意が必要
・他の方角の部屋と比べて日が当たりにくい

何かとネガティブな印象を抱きがちな「北向き」ですが、実はデメリットを補ってあまりあるメリットもあります。直射日光が入りにくいので他の方角に比べて室温が上がりにくく、夏は涼しい中で過ごせますし、光が当たりにくいということは、フローリングの床や家具、蔵書などを日焼けから守りやすいということでもあります。また、北側の窓から見える景色は逆光にならず、光量が安定しているので緑や空がきれいに見え、実は眺望を楽しみやすいという一面もあります。

デメリットは、他の方角と比べて自然光が当たりにくいので冬は気温が上がりにくく、寒いと感じやすいこと。また、湿気がこもりやすく、カビや結露に悩まされる可能性も。窓まわりの断熱性を高める工夫や除湿機の使用が必要かもしれません。自然光が当たりにくいということは他の方角と比べて暗くなりがちで、日中も照明が必要になる可能性もあります。

柔らかな光が安定して入るので、仕事や読書をする部屋は北向きがおすすめ。眩しさに悩まされることがなく作業ができます。窓からの眺めを重視する場合は、北向きのリビングも検討したいところです。寒さ対策として断熱性能を見直したり、明るい空間にするために大開口窓や天窓、中庭などを設け、光を取り込む工夫をしたりすると良いでしょう。

まとめ

この記事では、南向き、東向き、西向き、北向きそれぞれの方角について、日当たりに関する特徴を紹介しました。土地が高台にあるか低地にあるか、近くに高い建物があるか、隣家との距離はどのくらい離れているかといった環境により、日当たりは大きく変わります。これから家を建てるという人は周辺環境と方角を意識しながら、土地の特徴を活かした家づくりを目指しましょう。

MY HOME MARKET に掲載しているハウスメーカー・工務店では、土地探しも含めてマイホーム作りの相談に乗ってくれます。オンライン相談もありますので、お気軽に問い合わせてみてください。
https://myhomemarket.jp/product/

MY HOME MARKETならコロナ禍でも非接触で住宅探しが可能です。
住宅のプロ直伝! VR住宅内覧で効率よくマイホーム計画を進める方法とは?

新築一戸建て注文住宅購入者のインタビュー記事はこちら

新築一戸建て注文住宅購入者のインタビュー記事