お家がキレイになると運気も上がる? 風水のプロが実践する掃除・収納テクニック

お家のなかをキレイにしたいと思っていても、なかなかやる気が起きない……そんな悩みを抱えている方は、“開運”を意識して、掃除や収納をしてみてはいかがでしょう。風水鑑定士で整理収納アドバイザーとしても活躍する小西紗代さんは、幸運を呼び寄せる秘訣はお家をキレイにすることだと語ります。

小西紗代 プロフィール

風水鑑定士小西紗代のプロフィール
小西紗代 プロフィール

風水鑑定士、整理収納アドバイザー、生前整理アドバイザー準一級認定指導員

幼稚園教諭を経て、整理収納アドバイザー1級、風水鑑定士の資格を取得。2011年夏より整理収納サロン「神戸のちいさな収納教室」を主宰。整理収納・風水・Evernoteを用いた21世紀の開運収納を伝えるセミナーや雑誌、テレビ、ラジオでも幅広く活躍中。
著書に『さよさんの片づけが大好きになるベストアイデア』(宝島社)、「さよさんの『物の手放し方』事典(講談社)等、多数。
http://fino-life.com/  

風水鑑定士の小西紗代です。風水では、お家をキレイで心地良い状態にすることで、運気が呼び込めると信じられています。掃除や収納は、ついつい億劫に感じてしまいがちですが、運気を呼び込むための行為だととらえると、前向きに取り組めるはずです。今回は、風水と掃除の関係性や収納テクニック、オススメの掃除アイテムなどをご紹介します。

風水と掃除の関係

幸運を呼び寄せる秘訣はお家をキレイにすること

運気はキレイな場所に集まる。五感に良い刺激を与えることが、開運につながる。これらは風水の基本的な考え方です。そのため、お家をキレイにして視覚や嗅覚に良い影響を与えることは、運気を呼び込む行為となるわけです。

また、室内にたまったホコリは“邪気”ととらえられており、開運を妨げる“陰”の気を発することから、こまめに取り除いたほうが良いとされています。ホコリの中でも、1mm以下の目に見えにくいものをハウスダストと呼びますが、そこにはダニの死骸が含まれているので要注意です。風水では、死をイメージされるものは特に運気を下げ、心身に悪影響を及ぼすと言われています。近年では、ハウスダストがアレルギー症状を引き起こすとして注意喚起されていますね。運気を上げるためにも、健康を保つためにも、掃除は定期的にした方が良いでしょう。

運気を呼び込むためには「収納」も重要

ものが散らかっているお家も風水ではNGとされています。掃除がしにくいことに加え、空気の流れが悪くなるので、お家にどんよりとした陰の気がたまってしまうと考えられているからです。きちんと整頓されたお家には、陰の気を打ち消す“陽”の気が流れ込んできます。そのため、掃除と同じくらい、ものをキレイに収納することは運気を呼び込むために重要となるのです。

整理収納アドバイザーが教える! 開運掃除術

整理収納アドバイザーが教える・開運掃除術

玄関掃除は表札やドアノブも忘れずに

玄関はドアノブの掃除も忘れずに

玄関は陽の気を取り込むためにとても重要な場所です。朝は毎日、換気をして良い空気を取り込み、汚れが気になったら掃除しましょう。ポイントは靴を脱ぐ「たたき」以外の場所もしっかりと掃除すること。ドアノブや玄関ポストもキレイな状態にするのがベストです。特に表札は、風水では家主の存在を伝えるものとして、大切に扱われていますので、忘れずに掃除しましょう。

掃除しにくい家具の上には新聞紙を敷く

家具の上はホコリがたまりやすい場所です。お家のなかの邪気を取り除けるよう、意識して掃除するようにしましょう。しかし、冷蔵庫やタンスなど、背の高い家具は掃除をするのも一苦労。そこでオススメなのが、新聞紙を使った掃除法です。家具の上に新聞紙を敷いて、マスキングテープで固定。ホコリがある程度たまったら、新聞紙ごと捨てます。包装紙で代用するのもアリですね。この方法を繰り返すことで、掃除の負担は軽減されるはずです。ただし、最初に新聞紙を敷く前だけは、きちんとホコリを取り除いてくださいね。

朝の良い気が流れる「ドラゴンタイム」に掃除する

風水では、朝の5時から7時までの時間帯を「ドラゴンタイム」と呼んでおり、陽の気が最も流れやすいと信じられています。この時間に玄関のドアを開けて、お家に新鮮な空気を取り込みつつ掃除することで、より運気が集まりやすくなるでしょう。早起きが得意な方は、ぜひ実践してみてください。

水回りをキレイにして陽の気を呼び込む

陰の気がたまりやすい水回りは清潔にすることを心掛ける

キッチンや浴室、トイレなどの水回りは汚れやすく、放っておくと陰の気が溜まりやすい場所です。「不潔は金欠」なので、水回りは清潔にすることを心掛けて、陽の気を呼び込むようにしましょう。

特に浴室は、排水溝に髪の毛がたまりやすいので注意が必要です。抜けた髪の毛は、死をイメージさせるものなので、風水では陰の気が強いとされています。ゴキブリのエサになってしまう恐れもあるので、害虫の発生を予防するためにも、浴室から出るときは、抜けた髪の毛を拾ってゴミ箱へ捨てる習慣を付けると良いでしょう。

運気を呼び込む収納テクニック

運気を呼び込む収納テクニック

収納は「仕切る」「立てる」「掛ける(吊るす)」「重ねる」。この4つの方法を意識することで、収納スペースを効率良く使うことができます。 広い引き出しのなかはボックスで仕切る。ハンカチやTシャツ等はタンスのなかで「立てる」。掃除道具やエコバッグなどは「掛ける(吊るす)」。使用頻度が少ないものは、「重なるボックス」の下に収納し、ボックスを重ねるといった具合に、収納する場所やものに応じて、どの方法がスペースを無駄なく使えるか、イメージするようにしてください。ものがきちんと収納されれば散らかりにくくなるので、陽の気を取り込みやすくなります。

「ものの住所」を決めて「死蔵品」を捨てる

ラベルを貼って「ものの住所」を決める

収納は、どこに何があるかをきちんと把握できるように「ものの住所」を決めましょう。押し入れや棚などに、何が入っているかが分かるラベルを貼っておけば、使うときは探しやすくなりますし、しまうときは迷わず元の場所に返すことができます。ものの住所をご家族に知らせておけば、使ったあと、出しっぱなしにされてしまうこともなくなるでしょう。

また、住所を決める際は、「死蔵品」を捨てることをオススメしています。死蔵品とは、使われなくなったものや壊れて本来の機能が発揮できなくなったものを指す言葉です。死蔵品も風水では、死をイメージさせるので、陰の気が強く、開運を妨げると言われています。収納スペースも圧迫してしまいますので、運気を呼び込むために思い切って断捨離しましょう。

食器は色のグラデーションを意識して収納する

陰陽のバランスがとれた食器収納

食器を棚に収納する際は、色のグラデーションを意識することが開運のポイントです。風水では、陰をイメージさせる黒や茶色などの暗い色は下に、陽をイメージさせる白や透明色などの明るい色は上に配置することで陰陽のバランスが安定するとされています。見た目がキレイになって、良い運気も流れやすくなるので、実践してみてはいかがでしょうか。

整理収納アドバイザーが愛用中! 掃除に役立つオススメアイテム

掃除に役立つオススメアイテム

玄関マット

お家の顔である玄関は、運気を呼び込むために日頃から清潔にしておきましょう。玄関の扉の前に野外用マットを敷いておけば、靴についた砂やホコリをある程度取り除いてくれるので、キレイな状態を保ちやすくなります。特に、遊び盛りのお子様がいるご家庭には、あった方が良いと思います。オシャレなマットもたくさん販売されているので、お気に入りのものを選んでみましょう。

アズマ「外壁・玄関ブラッシングスポンジ」

玄関掃除には、アズマの「外壁・玄関ブラッシングスポンジAZ655」という商品がオススメです。スポンジ部分を水で濡らしてこするだけで、洗剤を使わなくても簡単に玄関タイルや外壁の汚れを落とすことができます。公式オンラインショップや通販サイトで購入できるので、気になった方は調べてみてください。

オーエ「フッキングスポンジ」「スリムスキージー」

オーエの「フッキングスポンジ」と「スリムスキージー」はフックが付いていて便利

オーエの「フッキングスポンジ」と「スリムスキージー」という商品は、浴室を掃除する際に重宝します。フッキングスポンジは汚れの除去に、スリムスキージーは壁や床の水気を切るときに使うのですが、どちらにもフックが付いていて、浴室のバーに掛けられる仕様です。収納がしやすくて便利ですし、水切れが良いのでカビも発生しにくくなるでしょう。こちらも公式オンラインショップや通販サイトで購入できます。

お家がキレイになると運気も上がる? 風水のプロが実践する掃除・収納テクニック まとめ

お家をキレイな状態に保てれば、快適に暮らせるだけでなく、運気を呼び込むこともできるのです。今では掃除の負担を減らすグッズもたくさん販売されています。これらを上手に活用し、まずは目に見える部分から、開運のための掃除をはじめてみてはいかがでしょうか?

知っておきたい家事を楽にする法則
家事を楽にする「7つの法則」とは⁉知的家事プロデューサーの時短掃除法

予防掃除で清潔さを保つ
油汚れやヌメリを事前に撃退!知的家事プロデューサーが推奨する予防掃除とは?

覚えておきたい整理収納術
家が散らかる4つの原因と対策を伝授!知的家事プロデューサーの整理収納術

リビングをスッキリさせる工夫も解説
女性一級建築士が解説!家事を楽にする間取りと室内干しに適したお家づくりのポイント