プロが解説! マイホームマーケットで扱う規格(企画)住宅のオススメポイント

MY HOME MARKET®(マイホームマーケット)は、「理想の住まいと出会える場」を目指し、さまざまな規格(企画)住宅をご用意しています。では、同サイトで扱っている住宅を住まいのプロが見た場合、どのような感想を抱くのでしょうか?多数のメディアで活躍されている一級建築士の佐川旭さんに、各ハウスメーカーの規格(企画)住宅をVR内覧していただきました。お家選びの参考になる情報が満載です!

お話を伺った佐川旭人さん プロフィール

佐川旭さん
佐川旭さん

(株)佐川旭建築研究所 代表取締役・一級建築士
1976年日本大学工学部建築学科卒業。用と美を兼ね備えた作品を得意としており、時を超える力を備えたデザインを基本に据え、「つたえる」「つなぐ」をテーマとして個人住宅、公共建築、街づくりなどの設計を手掛けている。2010年岩手県星山小学校で「うるおいのある教育施設賞」(文科省)を受賞。
講演の他、雑誌等の執筆活動をする傍ら、テレビにも出演。著書はこれまで15冊で、中国・台湾・韓国でも出版されている。  

一級建築士の佐川旭です。マイホームマーケットは各住宅をVR内覧できるだけでなく、コンセプトやオプション価格などを明確に提示しているので、新居を検討されている方にとって、大変便利なサービスと言えるでしょう。今回は各ハウスメーカーの規格(企画)住宅の感想とオススメポイントを解説していきます。

ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」 オススメポイント

ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」 外観
ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」 外観

ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」は、自然素材の扱い方が非常に上手ですね。外壁でよく用いられる「サイディング」という板材には、オリジナル素材のものがアクセントとして使われていますし、内装で使用できる羽目板(壁面に貼る板材)も、オプションで複数種から選ぶことができる仕様です。

一般的に自然素材を扱うと費用が高額になってしまうので、規格(企画)住宅にはあまり用いられないのですが、このお家の場合、価格を抑えたうえで上手に活用していますね。素材の統一感に優れたデザインなので、住み心地も良さそうです。

ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」 玄関
ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」 玄関

玄関とLDKが一体となった開放感のある間取りも魅力の一つです。オープンキッチンが特徴的なLDKは22帖と広いので、大勢のご友人を招いたホームパーティを開催できるでしょう。
また、玄関がこれだけ広いのであれば土間としても活用できます。例えば、泥がついたままの野菜を買ったり、収穫したりした際は、このスペースで保管が可能。キッチンまでの距離も近いので、調理の準備もスムーズに始められそうです。

ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」 2階
ウッドフレンズの規格(企画)住宅「Style A」 2階

2階の16帖取られたスペースはライフスタイルによってさまざまな使い方ができるでしょう。VRでは小さなお子様向けのキッズスペースと親御様用の趣味スペースとで分けられていますが、例えば、お子様が2人いらっしゃるご家庭であれば、部屋の中央を壁で仕切り、一人部屋として活用することもできそうです。お子様の成長に合わせて、部屋を分割するのもありですね。

マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」 オススメポイント

マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」 外観
マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」 外観

マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」は、“3人が暮らす家”というコンセプトの通り、まとまりのあるコンパクトな設計になっています。その工夫が顕著に現れているのが、スキップフロアではないでしょうか。

マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」 スキップフロア
マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」 スキップフロア

スキップフロアは階段を利用して、1.5階の部分に部屋を設ける建築方法のことを言います。スキップフロアのメリットは、部屋が間取り以上に広く感じられるということ。平面だけでなく、縦の空間も活用することで開放的なスペースを演出することができます。床下に広めの収納スペースができるのもメリットと言えるでしょう。

マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」 ロフト
マエショウホームの規格(企画)住宅「トリコット RESORT」 ロフト

また、このお家は天井が高く、開放感を感じられる仕様です。2階の寝室と、バルコニー側に面した階段からはそれぞれロフトに上がることも可能なので、ここも収納に困った際の物置、もしくは趣味の部屋として活用することができそうです。

クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」 オススメポイント

クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」 外観
クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」 外観

クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」は、4.5帖の間取りを12のエリアに配置してつくるお家ですね。ご家庭の希望を踏まえて建てることができるので、こだわりも取り入れやすく、納得できるマイホームを建てやすいのではないでしょうか。

このお家は構法も工夫されていますね。木造住宅でもっとも重要な「通し柱」を一般的なお家よりも2〜3倍ほど多く使用した「SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造」と床・壁・天井の6面すべてを一体化させた「モノコック構造」。この2つを掛け合わせたクレバリーホーム独自の「プレミアム・ハイブリッド構法」が採用されているので、耐震性にも優れています。

クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」 LDK
クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」 LDK

VRで再現されている間取りを見てみましょう。LDKから階段や浴室までの導線が近いことから、住みやすさを重視した設計になっていることが分かります。LDKの広さも15帖と十分に取られているので、快適な暮らしが望めるでしょう。

クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」 ウォークインクローゼット
クレバリーホームの規格(企画)住宅「クレバコ モノトーン」 ウォークインクローゼット

こちらは2階ですね。主寝室にはウォークインクローゼットが備えられています。ここのウォークインクローゼットは洋服だけでなく、大きな荷物も収納できるので、旅行用のスーツケースやゴルフバッグなどの趣味用品置き場としても活用できそうです。また、このお家で特徴的なのは、なんと言ってもファミリーホールですね。各部屋への導線の中心に位置しているので、セカンドリビングや趣味のスペースにすれば、ご家族が集まる憩いの場として重宝するでしょう。

新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」 オススメポイント

新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」 外観
新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」 外観

新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」は、外壁や床材、ドア、収納などにオリジナル製品が多く使われていることもあって、全体的に高級感が感じられるオシャレな印象を受けました。

このお家の基本情報には「2×6(ツーバイシックス)工法」で建てられているという旨が記載されています。2×6工法とは、38mm×140mmの木材を6面体の箱状にし、“面”で組み合わせる工法のことです。木材を“線”で組み合わせた「木造軸組工法」よりもリフォームの自由度は落ちますが、断熱性や耐火性が高いという特徴を持っています。また、一般的によく用いられる「2×4(ツーバイフォー)工法」よりも2×6のほうが太い木材を使用するので、耐震性にも優れています。

新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」 リビング
新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」 リビング

リビングには開放式の窓とは別に、壁の高い位置にハイサイドライト(高窓)が2つ設置されていますね。この2つの窓が採光窓の役割を担って、部屋に光を取り込んでくれることでしょう。また、キッチン部分の収納棚にも照明があります。これは「建築化照明」といって、天井や壁に隠す形で照明を組み込み、部屋を照らす方法です。壁に光が当たることでグラデーションができるので、オシャレな空間を演出する効果があります。

新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」 キッチン奥のミセスコーナー
新昭和ウィザース東関東の規格(企画)住宅「プラスト Vintage」 キッチン奥のミセスコーナー

キッチンの奥にはミセスコーナーが用意されていますね。このスペースから脱衣所にスムーズに行けるよう、動線が整備されていますので、家事も捗るのではないでしょうか。

土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」 オススメポイント

土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」 の外観
土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」 の外観

土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」は、“ホテルのような家”というコンセプトで設計されていますが、そのコンセプトを際立たせるのに一役買っているのが、外壁に使われている「窯業系サイディング」でしょう。窯業系サイディングはセメントなどの非金属原料を釜で高熱処理して製造する外壁のことです。このお家ではデザイン性に優れたサイディングが使用されているので、ソフトな陰影が付いて、深みのある佇まいを感じられます。

土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」 LDK
土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」 LDK

LDKの間取りは17.9帖と広く取られており、快適な空間に設計されていますね。リビングには大きな吹き抜けがありますので、間取り以上に空間を広く感じることができるでしょう。壁に設置されたハイサイドライト(高窓)には、外からの柔らかい光を部屋のなかに集める役割が期待できます。また、全体的に白を基調とした配色がされているなかで、天井の壁やダイニングには差し色として黒が用いられている点が、高級感を演出していますね。

土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」 2階主寝室
土屋ホームの規格(企画)住宅「ラクシス LUXURY」 2階主寝室

こちらは2階にあるウォークインクローゼットが備わった主寝室です。ウォークインクローゼットがあるので、部屋から出ることなく着替えを済ませることができますし、大きな荷物を収納することもできるので大変便利です。札幌近郊で購入できるお家ということなので、置き場所に困るスキー用品などもこの部屋に保管できるのではないでしょうか。

トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」 オススメポイント

トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」の外観
トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」の外観

トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」は、幾何学的な四角い外観が特徴的ですね。勾配のない「フラット屋根」という形状を採用しているので、メンテナンスが簡単、「太陽光発電システム」を設置しやすいといったメリットがあります。

トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」のリビング
トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」のリビング

このお家は全体的に統一感のある配色で仕上げられています。落ち着いた色合いでまとめられているので、心地良くリラックスした雰囲気を感じられるかと思います。リビングに面した大きな窓も特徴的で、ダイニング側に備えられた窓とともに、18.1帖の広々としたリビングダイニングに陽の光を取り込んでくれることでしょう。また、階段がダイニングから近い位置に設計されている点も良いですね。2階へ向かう動線がダイニングから近いので、ご家族が顔を合わせやすい間取りとなっています。

トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」2階の主寝室から見た間取り
トヨタホーム愛知の規格(企画)住宅「Since Smart Stage D+」2階の主寝室から見た間取り

こちらは2階の主寝室ですね。ウォークインクローゼットやバルコニーとつながっている間取りなので、洗濯工程を効率良く進められそうです。さらに「ママテラス」と表記されたスペースには、部屋干し可能な設備が用意されているので、天候に左右されることなく洗濯物を干すことができるでしょう。

まとめ

新居選びの際は、自分たちがどのようなお家を欲しているのかを明確にすることが重要です。お家のコンセプトや間取りが、ご自身の希望やこだわりたいポイントに一致するかどうか? という視点を大切にして下さい。マイホームマーケットで扱っている規格(企画)住宅の場合、気になるお家をVRで隅々まで確認できるので、理想の住まい探しがより捗ることでしょう。

新築一戸建て注文住宅購入者へのインタビュー記事はこちら

新築一戸建て注文住宅購入者のインタビュー記事
新築一戸建て注文住宅購入者のインタビュー記事